Guns & Shooting Vol. 15


価格: ¥ 2,750
ポイント: 25pt (1%)
  • 【シリーズ】Guns & Shooting
  • 【出版年月日】2019/03/30
  • 【ISBN】9784798618968
  • 【判型・ページ数】A4
¥ 2,750
ポイント: 25pt (1%)
に発送予定
  • 品番:
  • EAN:
  • 商品番号: R7UJIGX6O1

商品の説明

(出版社サイトより)

日本国内の射撃&狩猟の専門誌「Guns & Shooting Vol.15」

特集:平成最後の猟期 日本のハンティング
・ZEISS コンクゥエストV6 3-18×50スコープ&500ヤード(457m)までの.30-06シンプル着弾修正テクニック  
 光学機器の名門カールツァイスにはスポーツオプティックス部門があり、ライフルスコープも供給している。今回はツァイスの6倍比モデルV6コンクゥエスト3-18×50をテストする。さらにこのスコープを使って簡単なバリスティックデータだけで500ヤード(457m)が撃てるかどうか試してみた。

・カモの船撃ちに挑戦
 かつては多くのハンターが経験した“カモの船撃ち”だが、近年この猟法を楽しむハンターは少ない。今や船撃ちは、しかし、防寒対策さえじゅうぶんなら、実に“楽”な狩猟なのだ。しかるべき場所に行けば、大量のカモに出会える。そんな“カモの船撃ち”に正田美里が挑戦した。

・紋別でヒグマを追う
 ヒグマ猟は簡単ではない。ほぼ100%追跡猟となるし、これをおこなえるテクニックを持ったハンターはごくわずかだ。ヒグマの足跡を発見し、追跡しても、ヒグマはそれに気づくと逃げ出す。あるいは反撃のチャンスを窺い、待ち伏せしている可能性もある。そんなヒグマ猟の取材に今回初めて挑戦した。

・ハンティングキャンプのすすめ
 ハンティングをしながらテントで一夜を明かし、翌朝もそのテントから出猟する。そんなスタイルがアメリカではごく一般的だ。しかし、日本でこれをおこなっているハンターはほとんどいない。注意すべき点は多いが、今までとは全く異なるハンティングのスタイルとして、これをお勧めしたい。

・パターンチェックでショットガン弾道の可視化に挑む
 ショットガンを初めて所持し、クレー射撃をした初心者が最初に疑問に感じるのは、一体自分はどこを撃っているのか、ということではないだろうか。ところが射撃場の制約から散弾がどこに当たっているかを確認するのは簡単ではない。本誌ではその素朴な疑問に答えるため、ショットガンの弾道を調べるテストをおこなった。

その他
ハンターが強く心に留めておくべきこと  
ジビエの王様 ベキャス 山鴫を追う 
アシを追ってシシを獲る?? 新潟県の雪山イノシシ猟 
おとぼけ黒兵衛くんの猟日記  
単独忍び猟のハンター達 
初めてのエアライフルハンティング
初心者ハンターが挑む 単独忍び猟のカタチ
ライフル銃初撃ち&ゼロイン
ライフル銃で初めての巻き猟
最新型エアライフル エアーアームス S510アルティメイトスポーター
新型ジムニー アピオカスタムで林道を走る
パターンチェック射撃会
ハンティングナイフの選び方  
Guns & Shootingナイフセレクション  
新型ショットガン ベレッタA400ライトシンセティック 
プルーフリサーチ カーボンライフル 
ブローニングオート5 その軌跡   
ラスベガスで開催された世界最大の銃器展示会SHOT SHOW 2019 
ミライスコープがキタッ! ATN Xサイト 4Kプロ
Shooting Gear Selection


商品レビュー

0.0
0件のレビュー
評価の分布
星5つ 0
星4つ 0
星3つ 0
星2つ 0
星1つ 0